35歳を過ぎて健康について考えなくてはいけなくなった男の健康グッズと食事を紹介するブログ。目指せアンチエイジング!

善玉菌が摂れてなくて「腸内フローラ」のバランスが悪いとどうなっちゃうの!?

2016/07/23 善玉菌・腸について

善玉菌が摂れてなくて「腸内フローラ」のバランスが悪いとどうなっちゃうの!?
みなさん、こんにちは!
最近やっと梅雨らしい天候となって、雨が降るようになってきましたね。
もう少しで東京は梅雨が明けて真夏を迎えそうです!

さて今日は、このブログでも再三言っている

「善玉菌を増やして腸内環境を整えよう!」

その「善玉菌」が増えずに腸内環境が悪いとどうなってしまうのか。
または「善玉菌」を増やして腸内環境を整えるとどんな良いことが身体に起きるのかを、フジッコさんから貰った付録を元に挙げてみたいと思います。
最後までどうぞよろしく!

腸内環境=腸内フローラ

このブログでも書いてきましたが、どうやら身体の不調の根本は「腸内細菌のバランス」が大きく関わっているみたいです。
なので、今やテレビや雑誌などで「腸活」「腸内フローラ」という言葉が流行りだしていますね。^^

その「腸内フローラ」とは、腸内にはおよそ1,000兆個もの細菌がすみついて、それがまるでお花畑のように群集していることからそう呼ばれるようになったみたいです。

その1,000兆個もの細菌には「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3種類があって。
腸内細菌の理想的な割合は

「善玉菌:2」「悪玉菌:1」「日和見菌:7」

みたいです。
また「日和見菌」が善玉菌、悪玉菌のどちらにつくかによって腸内環境が変わってくるみたいです。

その理想的な割合を目指すべく、僕は「善玉菌のチカラ」を飲んだり食生活に気をつけたりして過ごしています。
また、腸内環境は毎日変わってくるので、毎日の「腸活」がポイントとなるんですね。^^

僕が毎日取り組んでいる「腸活」について書いた日記はこちら
誰でもできる!?腸内環境を整えることは意外に簡単だった!

「腸内フローラ」のバランスがとれている人は。。

では、その腸内環境、腸内フローラのバランスが取れている人は身体にどのような影響がでているのでしょうか?
まとめると。。。

  • 肌につやがあり若々しくなる
  • 精神的に安定
  • 何事も前向きに取り組める
  • 快食・快眠
  • 体が軽い
  • 代謝が良くなって太りにくくなる
  • 病気になりにくくなる


いいことづくしですね。^^
僕が腸活を始めてから、その前の状態と比べたとき。

「肌のつや」と「代謝が良くなって太りにくい」

これらを実感することができました。
特に「太りにくい」に関しては逆に体重が4kg減りました。(昨年の健康診断と比べて)

健康診断の結果について書いた日記はこちら
「善玉菌のチカラ」の効果てきめん!?会社の健康診断で分かったこと

「腸内フローラ」のバランスが崩れていると。。

次に「腸内フローラ」のバランスが崩れていると身体にどのようなことが起きるかをまとめてみますね。

  • 肌につやがなく疲れている
  • 眠りが浅い
  • 体が重い、だるい
  • 代謝が悪くなり、太りやすくなる
  • 便秘
  • 食欲不振
  • 病気になりやすい


嫌なことしか起こらないですね。
そして、「腸内フローラ」のバランスが悪いときの細菌の割合は

「善玉菌:1」「悪玉菌:2」「日和見菌:7」

になります。

つまり、「善玉菌」を「1」にするか「2」にするかで大きく変わるということですね。^^
意外に紙一重だったんですね。^^

まとめ

腸内環境は毎日変わるものなので、毎日の「腸活」が不可欠になりますね。
毎日続けるってなかなか難しいことですが、すこしでも簡単に続けられる「習慣」を探したいですね。
きっと簡単に探せると思います。^^

▼「善玉菌のチカラ」を試してみるにはこちら
はじめての方限定!お得なチャンス!「善玉菌のチカラ」23%OFF+送料無料で「1,806円+税」